役立つ競馬用語(あ行)

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

役立つ競馬用語集を掲載してます!難しい用語や聞いた事ない用語なども多くありますので、ぜひこの機会に学習しましょう!


アウトブリード
近親交配でない血統配合のこと。異系交配とも言われていて、その馬の5代前までの血統に共通の祖先がいないもの。主にアウトブリードの目的として、雑種強勢により、その馬の運動能力等がが増強されることを期待し行う。
青鹿毛(あおかげ)
全身がほとんど黒色で眼・鼻の周辺、腋・ひばら等がわずかに褐色の馬。黒鹿毛よりもさらに黒い毛色をしている。
青毛(あおげ)
青鹿毛(あおかげ)よりも黒く、全身真っ黒の毛色。軽種馬には比較的少なく、眼や鼻の周辺をよく観察して判断する。
青ランプ(あおらんぷ)
その競走が「審議」状態となった際に、着順掲示板に審議中意味する「審」の文字とともに点灯させる青いランプのこと。ただ、競馬場によっては青いランプを使用せず、青背景白抜き文字で「審議」と表示している所もある。
あおる(アオる)
ゲート内で発馬の状態・立ちあがった時、またはゲートが開いた瞬間に前肢をあげて発走すること。前肢を上げている分後手を踏むわけなので、出だし不利になる。レース経験の少ない馬などにこういった状態を見せる馬が多いが、癖になっている馬もいる。
赤旗(あかはた)
発走時刻の少し前に、発想準備を促すため発走委員が発走台に上がって振る赤い旗のこと。また発走のやり直しの場合にも赤旗を振って合図をする。
赤ランプ(あからんぷ)
勝ち馬が確定し、到達順位のとおり着順が決定されたことを示す「確」の文字とともに点灯する赤いランプのこと。ただ競馬場によっては赤いランプを使用せず、赤背景白抜き文字で「確定」と表示している競馬場もある。
上がり(あがり)
レースなどで、スタートを「テン」中盤を「なか」終盤を「しまい(上がり)」という。
上(昇)がり馬(あがりうま)
急激に調子をあげたり、実力をつけて、短期間のうちに数段上の条件に勝ちあがってきた馬のこと。一般には下級条件から短期間のうちに連勝を重ね一挙に上位クラスに上がっていく馬のことをいう。
あがる
馬が競走生活を終えて、繁殖馬などとして牧場に帰ることを「繁殖に上がる」単に「あがる」とう。
朝飼葉(あさかいば)
競走馬の食料のことで、朝の調教が終わった後に与えられるけられる飼葉を「朝飼葉」と呼んでいる。
脚いろ(あしいろ)
馬の走りぶりのこと。余力があり追えば伸びる状態のときは「脚色が良い」、余力がなくなりバテ気味のときは「脚色が悪い」などといわれる。
芦毛(あしげ)
白い毛に黒色または濃褐色の毛があるもの。原毛色は栗毛・鹿毛・青毛等でり、馬の体全般が白色(灰色)で、個体差はあるが年齢が進むにつれ次第に白色の度合が増す。生後間もないものは「芦毛」と判断するのは難しい。
脚抜き(あしぬき)
馬場状態を表す言葉。脚を取られて思うように走れない状態などに「脚抜きが悪い」といい、また見た目で悪い馬場でも走りやすい状態の際には「脚抜きがいい」という。
汗取り(あせとり)
無駄な肉が付き、理想体重よりも重くなった馬に毛布・ビニールなど風通しの良くないものをかけて調教を行うこと。これによって、かく汗の量が増え、太目の解消に効果がある。人間の場合は騎手が減量を図るために行うもので、蒸し風呂やサウナに入ったり、カッパを着てランニングをすることによって発汗させ体重の調節をする。
当て馬(あてうま)
種付けをする際、牝馬の発情の有無を調べるために接近させられる牡馬(試情馬)のこと。その牡馬自体は交させられるわけでなく、種付けの為の牝馬がいないため当てられる馬。
後検量(あとけんりょう)
レース後騎手が決められた斤量で騎乗していたかを調べること。斤量とは馬が背負う重量のことで、騎手の体重と身に着けているもの(プロテクターや帽子、鞍)の重さも含まれます。検量後、前検量に比べ1キロ以上増減のあった際には失格となります。
あとびき
馬をつなぐ際などに後退する。
あな
人気のない馬が勝ったり、好配当になった際に「穴が出た」という。この穴を出した馬を「穴馬」といい、人気馬を負かす可能性のある馬のことを穴馬という。
穴馬(あなうま)
人気のない馬。ダークホースとも言われる。
穴場(あなば)
勝ち馬投票券、馬券を売る窓口のこと。今では馬券売場という人の方が多くなっている。
鐙(あぶみ)
騎手が足を乗せる馬具で、騎手が体を安定させるために踏むもの。
アラアラ
全力を出し切って余力がなくなり、バテてしまった状態になってしまう事。
アラブ
アラビア半島の原産馬のこと。しかし、一般に競走に使われているアラブといわれている馬はアングロアラブまたはアラブ系種で、純血アラブとは違い、アラブよりむしろサラブレッドに近い体形・能力を持っており、アラブ血量25%以上を有する馬に限られている。
併せ馬(あわせうま)
馬に競争意識をつけるために行う場合が多く、調教の際に2頭、3頭あるいはそれ以上の頭数で並んで走らせること。
あんこ
経験の浅いい騎手の俗称。あんちゃんと呼ばれることもあり、騎手候補生のことを同じように言うこともある。これは調教場で赤いヘルメットをかぶっているため。
鞍傷(あんしょう)
鞍の置き方が悪かったり、馬の体と適合してない鞍を使用した為に馬の背中上腹部などにできる外傷のこと。体形によって鞍傷を起こしやすい馬もいるが、鞍傷がひどくなると騎乗できなくなり、出走不能につながることもある。
アーニングインデックス
種牡馬の優劣を判定するためのひとつの目安であり、出走馬1頭あたりの収得賞金の平均値を1として、各々の種牡馬の産駒の平均収得賞金の割合を数値で表したもの。1.00が平均となり、数値が大きくなるほど産駒の獲得賞金が多いことを表す。(産駒の総収得賞金÷産駒の出走頭数)÷(出走馬総収得賞金÷総出走頭数)となる。
息を入れる(いきをいれる)
主に逃げ馬に対して使われる言葉で、レース中にひと息入れスタミナを温存すること。逃げ切るためには重要な要素で、騎手の腕によるところが大きく、腕のいい騎手はこの息の入れ方が上手。
育成牧場(いくせいぼくじょう)
牧場で生産された馬が競走馬としての基礎的訓練や調教をする牧場。生産・育成・競走の段階でステージわけされ、特に、馴致から入厩までの後期育成を専門に行う牧場を育成牧場という。
1完歩(いちかんぽ)
馬の歩幅のこと。走っているときの1完歩は大体7〜8メートルと言われている。大きさとピッチでその馬のスピードが分かり、調子のいいときほど完歩は広くなり、「1ハロン」(200m)の歩数で調子の良し悪しを見分けている調教師や騎手もいる
1馬身(いちばしん)
馬の体が伸び切った姿勢で鼻端から臀端までの長さ。着差を表す競馬ならではの単位で、通常1馬身差は0.2秒とされている。
逸走(いっそう)
馬がコースから大きくはずれ規定のコース外に疾走してしまうこと。競走を続行するためには、逸走し始めた地点に引き返してからにしなければならず、さらに逸走した馬は一定期間出走を停止され、期間満了後に再審査に合格しないと再び出走することはが出来ない。
行ったきり(いったきり)
逃げ馬がそのまま逃げ切って勝ってしまうことで「逃げ切り」とほとんど同じ意味。
一点勝負(いってんしょうぶ)
勝馬投票券を1レースに1点しか買わないこと。
一杯(いっぱい)
「脚いろ」を示す言葉で、馬が全力を出しきった結果、バテて失速すること。「4コーナーで一杯」などという。
一般レース(いっぱんレース)
特別レース以外の競走。平場戦ともいう。「新馬」「未勝利」をはじめ「4歳以上〇〇万円以下」など。
一本かぶり(いっぽんかぶり)
出走馬のうち馬券の売り上げが極端に多くなる馬のこと。「一本にかぶる」というようにある馬の単勝、もしくはある組み合わせの式別の勝馬投票券が圧倒的な人気になること。
焦れ込む(いれこむ)
レース前に馬が極度に興奮したり、何かに気を使って落ち着きのない状態のこと。その時点でかなり体力を消耗するのでレースでは能力を出しきれない場合が多い。パドックでは気合の乗っている馬と見間違えやすく、発汗状態を注意深く観察することが重要。
岩陥(いわおち)
馬の特徴のひとつで、体表の一部がへこんでいる様。

インブリード
近親交配のこと。血統の5代前までに同一の祖先(種牡馬)をもっている配合のこと。サラブレッドを生産する場合、意識的に近親交配を行うケースも間々ある。表記する場合は、〇〇〇(馬名)の3×4などと表わし、(これは3代目と4代目に〇〇〇(馬名)が入っていることを示す。
ウイナーズ・サークル
優勝馬表彰区画のこと。通常、スタンド前の走路に面した部分に設けられている。
内回り(うちまわり)
競馬場によっては内回りと外回りの2つのコースが存在し、中山では向正面、京都、阪神、新潟では3、4コーナーにかけて内、外に分かれている。
ウッドチップコース
コースの上に、粉砕された木片を敷きつめた馬場で、日本でも調教用馬場として多く用いられている。ダートコースに比べてクッションが数段よく、脚への負担が少ない。
馬単(うまたん)
正式名称「馬番号二連勝単式勝馬投票法」1着と2着になる馬番号を着順通りに的中させる投票法。
馬っ気(うまっけ)
牡馬の発情状態のこと。異常に興奮しているので競走能力に影響することが多く、能力を出し切れなくなることが多いと言われている。
馬なり(うまなり)
調教やレースにおける脚いろの表し方のひとつ。馬の走る気にまかせること、「持ったまま」ともいう。
馬主(うまぬし)
競走馬の所有者のこと。
馬の温泉(うまのおんせん)
温泉を利用して馬の疾病を治療するための施設。福島県いわき市のJRA競走馬総合研究所常磐支所が有名。
馬のプール(うまのぷーる)
福島県いわき市の「競走馬総合研究所常磐支所」内にある施設で、骨折や屈腱炎などの脚の故障で十分にトレーニングを積めない療養馬の運動不足を、脚に負担のかけない水泳を用いて解消させ、少しでも早く第一線に復帰させる目的で用いられている。
馬番(うまばん)
出走する馬に付けられた番号、レースの際は番号ゼッケンを付けて出てくる。この番号が若い順(1、2、3…)からインコースのゲートの順でもある。枠番とは異なることもある。
うるさい
馬の性格を表す言葉。扱いにくく気性が荒い馬を「うるさい」、扱いやすく素直な馬を「おとなしい」という。
馬連(うまれん)
正式名称「普通馬番号二連勝複式勝馬投票法」1着と2着になる馬の馬番号の組合せを的中させる投票法。組合せは当たっていれば良く、1着と2着の着順は問わない。
上腹(うわばら)
鞍を装着する腹帯上から、さらにもう1本の帯を締めているものを上腹という。
運営審議会(うんえいしんぎかい)
日本中央競馬会法に基づいて設置された理事長の諮問機関。日本中央競馬会の運営について審議し、運営審議会のメンバーは有識者、並びに馬主、生産者、騎手及び調教師の代表で構成されている。
運動器病(うんどうきびょう)
運動をするために必要な骨、腱、関節、蹄、筋肉等の病気を総称。運動器病の発生率は他の病気に比べて高く、競走馬の病気全体の55%前後を占める。
エアロフォーム
空気抵抗のないように騎手の体にピタッとフィットした勝負服のこと。
ARC(えい・あーる・しー)
アジア競馬会議・アジア競馬連盟(AsianRacingConference)の略。
ARCI(えい・あーる・しー・あい)
州競馬委員会全国協会(AssociationofRacingCommissionersInternational)の略。ARCIの総会は米・加・メキシコ各州の競馬委員会委員が競馬の諸問題を全米的な視野で話し合う会合であるが、毎年、南米やアジア、ヨーロッパからもオブザーバー参加があって、重要な情報交換の場となっている。
NTRA(えぬ・てぃー・あーる・えー)
全国サラブレッド競馬協会(TheNationalThoroughbredRacingAssociation)の略。NTRAは、北米の競馬場および競馬関係団体の任意加盟団体で、サラブレッド競馬のマーケティングおよびプロモーション活動を行う。2001年にブリーダーズカップ協会と業務提携し、競馬へのスポンサー企業の誘致やブリーダーズカップ競走の振興を行っている。現在は約50競馬場および19の場外施行公社および競馬関連団体が加盟する。
エビハラ
屈腱炎のことで単にエビと言うこともある。走行中に大きな負荷がかかることなどにより屈腱に刺激が加わると炎症を起こし、エビの腹のように腫〔は〕れるところからこの名がある。
追い運動(おいうんどう)
離乳した育成馬の運動のひとつ。馬場等で集団的に馬を追う運動をいう。
追い切り(おいきり)
出走日の2、3日前に最後の仕上として行う調教のことをいう。開催に備えて馬の状態を最高に持っていくため、普通、レースの3、4日前に十分に調教で追い切ることから、この言葉が生まれた。
追い込み(おいこみ)
レース前半は隊列の後方に位置し直線で先行馬に迫るタイプの戦法を「追い込み」という多い。他力本願になりがちでスローペースだと取りこぼすことも多い。
応援馬券(おうえんばけん)
任意の1頭の単勝式・複勝式の馬券を、セットで同額購入できる馬券。「馬名」と「がんばれ」の文字が馬券に印字され、記念馬券的な意味合いが大きい。電話・インターネット投票では購入できず、現金投票のみでの発売されている
大穴(おおあな)
大きな配当のこと。元々は予想外の欠損という意味で、賭事において予想外の結果という意味が生じ、競馬では人気のない馬が勝って、高配当になった場合に使われる言葉。
置障害(おきしょうがい)
障害コースには固定された障害が設置されているが、これとは別に障害レースの時だけ平地のコースに置く障害のこと。グリーンウォールやハードルなどの呼称がある。
抑える(おさえる)
レースで好スタートを切った馬を、騎手が手綱を引き馬のクビのつけ根あたりを抑えるようにしてペースダウンさせ、マイペースに持ち込む技術のこと。
オッズ
的中した勝馬投票券の概算払戻率のこと。競馬場の掲示板や場内テレビなどに示されている数字がそれで、トータリゼーターシステムのコンピューターに直結されている。
お手馬(おてうま)
ある馬にいつも同じ騎手が調教、レースに騎乗し、そのや性格など熟知している馬のこと。
尾花栗毛(おばなくりげ)
馬の毛色の一種で、栗毛の中で前髪やたてがみ、尾毛が白いものをいう。馬の尾がススキの穂(尾花)のように見えるためこう呼ばれている。
親子丼(おやこどんぶり)
同じレースで同じ厩舎や同じ馬主の馬が1、2着を独占することをいう。独占した「(馬主・厩舎の名前)の親子どんぶり」などと使う。
折り合い(おりあい)
騎手と馬の呼吸の調和状態のことで、人と馬の呼吸がうまく調和している時には「ピタリと折り合う」などという。反対に呼吸が合わず、ちぐはぐな状態はを「かかる」という。
下ろす(おろす)
競馬に初めて出走させること。
オーチャード
代表的な寒地型牧草。
オーナーブリーダー
馬主であり、生産者でもある人。
オーバーシード
芝コースには野芝が張られているが、秋以降になると枯れてしまい競馬があると傷みも激しくなる、その為野芝の上に冬場に強い洋芝の種をまき、冬期でも緑の芝生で競馬が出来るようにしている。このことをオーバーシードと呼んでいる。
オープン競走(おーぷんきょぷそう)
特に記載のない限り、すべての馬が出走できる競走、オープンレース、オープンともいう。ただ「未勝利馬を除く」など条件づけられている場合が多い。
オープン馬(おーぷんうま)
現在の競走体系は競走馬が1勝するごとに「収得賞金」が増えてゆき、クラスが上がる仕組みになっている。オープン馬とはその中で最高のクラスに所属する馬である。

優良サイト一覧バナー



この記事を評価してください(★が多いほど優良) 
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (まだ評価されていません)
読み込み中...
※5段階評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので厳選な評価をお願いします。

コメントは受け付けていません。





サブコンテンツ