役立つ競馬用語(ま行)

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

役立つ競馬用語集を掲載してます!難しい用語や聞いた事ない用語なども多くありますので、ぜひこの機会に学習しましょう!


マイラー
1マイル(1600m)前後の距離の競走が得意な馬の事を指す。
マイル戦(まいるせん)
マイルCSや安田記念等が有名な、1600mの距離で争われるレースのこと。
マイルチャンピョンシップ
84年に創設された、京都の芝1600mで行われる王座決定戦の事を指す。
前があく(まえがあく)
最後の直線で前方いた馬がそれるなどして、走るコースが開ける事。反対の意味として「前がふさがる」という言葉が用いられる。
マルタンガール
頭を上げすぎる馬に使用する調教付属馬具である。目的に応じて様々なマルタンガールが存在する。
マンシュウ
起源は競艇用語の「万舟券」から。万馬券のことを指す。
万馬券(まんばけん)
配当が100倍以上の大穴馬券の事を指す。100円の馬券を買った場合10000円以上になる事からそう呼ばれ始めた。


未出走(みしゅっそう)
まだ出走した事のない馬の事。春後半になると未出走馬だけで競い合う未出走競走の番組が出来る。
未勝利(みしょうり)
未出走馬を含め、まだ一度も勝ったことのない馬同士が走るレースのこと。
見せムチ(みせムチ)
ムチは本体馬を叩くために用いられるのだが、見せるだけで叩かれた事と同じように走る馬の事を指す。
ミッキー
松永幹夫騎手のことを指す。
道悪(みちわる)
馬場状態を表す言葉。重や不良を総じて「みちわる」と言われている。
三日針(みっかばり)
疲れている馬に部分的に行う笹針治療。
美浦(みうら)
JRAの関東にあるトレーニングセンター。「美浦」または「美浦トレセン」と呼ばれている。
身っ食い(みっくい)
退屈やストレスかが原因で自分の体を噛む癖の事。馬体に傷が残るほど激しく噛む馬もいる。
ミドルディスタンスホース
中距離(2000m前後)の競走を得意とする馬の事。
見習い騎手(みならいきしゅ)
免許の通算取得期間が3年未満、「勝利度数」が100回以下の騎手のこと。
耳捻(みみねじ)
馬に軽い手術を施したり、ゲートに入るのを嫌ったりするときに用いる器具。鼻に使用する、鼻捻(はなねじ)もある。


無口(無口)
無口頭絡の略称で、馬銜のついていない頭絡のこと。
向こう正面(むこうしょうめん)
観戦スタンドから見て、奥手の直線の事を言う。バックストレッチともいう。
無印(むじるし)
競馬新聞の予想欄に何のマークもされていない馬のこと。
鞭(むち)
騎手が競走に際して手に持つもので「ステッキ」ともいう。 馬に全能力を出させるために使用する馬具で、これを見せたり叩いたりして、馬の走る気をうながす。
むながい
馬の胸から鞍橋にかけわたす緒(革紐)で鞍の位置を安定させる為の補助具である。
ムラ駆け(ムラがけ)
レースの条件によって、走る気力や競走成績が不安定なこと=ムラとも言う。


モタれる
埒(らち)や他馬に寄りかかるように斜行する馬の事。
持ち込み馬(もちこみば)
海外で受胎させた牝馬を輸入して、日本で生まれた馬のこと。以前はいろいろ制限を受けていたが、現在は内国産馬扱いになっている
持ちタイム(もちタイム)
ある馬が一定の距離でマークしたベストタイムのこと。「持ち時計」ともいう。
持ち乗り(もちのり)
厩務員の仕事をしながら、担当馬の調教に携わり、攻め馬や馬場運動など調教助手の仕事を兼ねる人。
持ったまま(もったまま)
騎手が手綱を持ったまま、特に何もしないで馬の行きたいように走らせること。
物を見る(ものをみる)
馬が何かに驚いて騒いだり、止まったりすること。物見するとも言われる。
もやし馬(もやしうま)
育成期間に過保護になっている馬のこと。
本質的な育成技術、鍛錬がなされておらず、見た目は立派でも中身がなく『みてくれ』だけよい馬となってしまう。 こういう馬を指して「もやし馬」という。
もらい
斤量をもらう、ハンデをもらうなどという形で使われる言葉。
モンキー乗り(もんきーのり)
鐙(あぶみ)を極端に短くした前傾姿勢で馬に乗る方法。木の枝にモンキー(猿)がまたがったように見えるところからこう呼ばれる。

優良サイト一覧バナー



この記事を評価してください(★が多いほど優良) 
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので厳選な評価をお願いします。

コメントは受け付けていません。





サブコンテンツ