役立つ競馬用語(な行)

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

役立つ競馬用語集を掲載してます!難しい用語や聞いた事ない用語なども多くありますので、ぜひこの機会に学習しましょう!


ナイラ
風邪のこと。発熱、咳、鼻水などの症状が起こり、元気がなくなる。
長手綱
手綱を長く持ってゆるめること。馬と折り合いをつけるときに長手綱にする。逆に手綱を短く持つと手綱をしぼることになる。手綱は馬の口中にかませてあるハミとつながっているので、手綱をしぼればハミが引っ張られて奥歯にかかる。こうなると馬は本気で疾走する。だから、本気で走る必要がないときは長手綱にして折り合いに専念する。
生ズルい
騎乗者の指示になかなか反応せず、激しく追ってようやく本気で走る馬のことをいう。
二走ボケ
休み明けで好走した馬が、次の2戦目で凡走すること。休み明けで目一杯走ると、その疲労残りが尾を引きやすみため起きる。
ニックス
肌馬と種牡馬それぞれの父系血統について、組み合わせの相性をいう。より優れたニックスが求められ、すでに理想的な組み合わせが確立されている。
二の脚
逃げ・先行馬はスタートダッシュで一度速い脚を使っているが、ゴール前で追われると更にひと伸びすることを「二の脚を使う」という。また、スタート直後の1完歩目は普通だが、2完歩目、3完歩目が速く、すぐにスピードに乗ることを「二の脚が速い」という。
主取り(ぬしどり)
せり市場で、お台で声が掛からなかった場合は、売り主が引き取るという意味で呼ばれている。
熱発
馬が発熱すること。馬の平熱は38度くらいである。
捻挫(ねんざ)
関節をささえている靭帯が伸びたり、その一部分が切れたりした状態。治っても関節の動きが硬くなり、脚力が衰えることがある。
能力試験
デビュー前に行われる審査。制限タイム以内に走れなければ不合格となる。
ノド鳴り
正式な名称は喘鳴症。喉頭口の神経が麻痺し、そのため喉頭口が狭くなり呼吸とともにヒューヒューという音がする病気。呼吸困難を起こすこともあり、競走能力に影響することが多い。冬場の空気が乾燥した時期には喘鳴が出やすく、逆に雨が降って湿気が多くなると症状がやわらぐ。
のめる
雨のためぬかるんだ馬場で走っている時に滑ってしまうこと。

優良サイト一覧バナー



この記事を評価してください(★が多いほど優良) 
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (まだ評価されていません)
読み込み中...
※5段階評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので厳選な評価をお願いします。

コメントは受け付けていません。





サブコンテンツ